第107回定例勉強会のご報告

今月は弁護士の佐藤先生にお越しいただき、労災事故について
お話ししていただきました。

労災保険をそもそもかけていないような不届きな会社もたまには
あるそうで、そんな超ブラック企業は本当に避けていただくとして、
どうしても労災=労働災害というものに出会ってしまう事はない
とは言えません。
でも、そんな時にどのように対処すればいいのか、と言われたら
そんな経験をした人は少ないのですぐには答えることが難しいです。

そんな労働災害に遭ったらどうしたらいいの!?という事柄を
従業員側からと会社側からの両方から語っていただいたのが、今回の
大きな特徴でした!

労災に遭ってしまっても、その後にキチンと手順を踏めば従業員の
方々も安心です。
会社が協力してくれなくっても大丈夫!

会社側(役員さんなど)も、普段から何を準備して、何をしなければ
いけないのかを教えてもらいました、それをちゃんと踏まえたうえで
従業員の処遇を考えることがその後の争いを避けることにもなります。

ないのが一番ですが、いざその時になったらどのように対処すれば良い
のかを、知っていると知らないとでは大きな差が出てしまいます。
いつもながら、聞いたことはある単語だけど教えてもらったら凄く奥が
深かったという、とても勉強になった1時間でした。

来月は福祉車両の取扱いをされている田中社長にお話しいただき、
皆さんに福祉車両をもっとよく知ってもらうきっかけにして頂きたいと
思います。
4月19日にまた交流センターでお会いしましょう!

この投稿は 2017 年 3 月 16 日 木曜日 22:16 に 〇財コラム カテゴリーに公開されました。この投稿へのコメントは RSS 2.0 フィードで受信することができます。 このページの一番下でコメントを残すことができます。トラックバック / ピンバックは現在受け付けていません。

コメントをどうぞ

コメントを投稿するにはログインしてください。